ニュース

  • SAC 2018に論文が採択されました
    November 21, 2017

    修士2年の塚本くんの研究が, SAC_2018に採択されました.

     

    AutoPUT: An Automated Technique for Retrofitting Closed Unit Tests into Parameterized Unit Tests
    Keita Tsukamoto, Yuta Maezawa and Shinichi Honiden

  • APSEC 2017に論文が採択されました
    September 27, 2017

    修士1年の猿渡くんの研究が, APSEC_2017に採択されました.

     

    Extracting Traceability between Predicates in Event-B Refinement
    Shinnosuke Saruwatari, Fuyuki Ishikawa, Tsutomu Kobayashi and Shinichi Honiden

  • SETTA 2017に論文が採択されました
    September 7, 2017

    修士1年の森田くんの研究が, SETTA_2017に採択されました.

     

    Construction of Abstract State Graphs for Understanding Event-B Models
    Daichi Morita, Fuyuki Ishikawa and Shinichi Honiden

  • APSys 2017に論文が採択されました
    August 29, 2017

    修士2年の佐伯くんの研究が, APSys_2017に採択されました.

     

    Bash on Ubuntu on macOS

    Takaya Saeki, Yuichi Nishiwaki, Takahiro Shinagawa, and Shinichi Honiden
  • Models@run.time 2017に論文が採択されました
    June 6, 2017

    博士2年のAurelienくんの研究が, Models@run.time_2017に採択されました.

     

    Soft-Goal Approximation Context Awareness of Goal-driven Self-Adaptive Systems
    Aurélien Vialon, Kenji Tei and Samir Aknine

  • TAP 2017に論文が採択されました
    May 9, 2017

    修了生の池下さんの研究が,TAP 2017に採択されました.

     

    Test Suite Reduction in Idempotence Testing of Infrastructure as Code
    Katsuhiro Ikeshita, Fuyuki Ishikawa and Shinichi Honiden

  • SAC 2017に論文が採択されました
    November 24, 2016

    修士2年の田邉さんの研究が、SAC 2017に採択されました.

     

    Learning environment model at runtime for self-adaptive systems
    Moeka Tanabe, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa and Shinichi Honiden

  • FM 2016に論文が採択されました
    August 17, 2016

    博士3年の小林くんの研究が、FM 2016に採択されました.

     

    Refactoring Refinement Structures of Event-B Machines
    Tsutomu Kobayashi, Fuyuki Ishikawa, and Shinichi Honiden

  • ICFEM 2016に論文が採択されました
    July 21, 2016

    修士1年の佐伯くんの研究が、ICFEM 2016に採択されました.

     

    Automatic Generation of Potentially Pathological Instances for Validating Alloy Models
    Takaya Saeki, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden

  • EuroSysに論文が採択されました
    June 29, 2016

    2015年博士修了の穐山くんの研究が、EuroSysに採択されました.

     

    Optimizing Distributed Actor Systems for Dynamic Interactive Services
    Andrew Newell, Gabriel Kliot, Ishai Menache, Aditya Gopalan, Soramichi Akiyama, Mark Silberstein

  • IEICE Transactions on Information and Systemsに論文が採択されました
    June 29, 2016

    2015年博士修了の穐山くんの研究が、IEICE Transactions on Information and Systemsに採択されました.

     

    Fast Live Migration for IO-Intensive VMs with Parallel and Adaptive Transfer of Page Cache via SAN
    Soramichi Akiyama, Takahiro Hirofuchi, Ryousei Takano, Shinichi Honiden

  • ER 2016に論文が採択されました
    June 18, 2016

    博士3年の小林くんの研究が、ソフトウェア工学(概念モデリング)系の国際会議ER 2016に採択されました.

     

    Stepwise Refinement of Software Development Problem Analysis
    Tsutomu Kobayashi, Fuyuki Ishikawa, and Shinichi Honiden

  • Best Paper Awardを受賞しました
    June 18, 2016

    SEAMS 2016に採択された論文がBest Paper Awardを受賞しました.

     

    Assured and correct dynamic update of controllers
    L. Nahabedian FCEN, Universidad de Buenos Aires, Argentina
    V. Braberman FCEN, Universidad de Buenos Aires, Argentina
    N. D'Ippolito FCEN, Universidad de Buenos Aires, Argentina
    S. Honiden National Institute of Informatics, Japan
    J. Kramer Imperial College London, UK
    K. Tei National Institute of Informatics, Japan
    S. Uchitel Universidad de Buenos Aires, UK
    Proceedings of the 11th International Workshop on Software Engineering for Adaptive and Self-Managing Systems (SEAMS' 2016), June 2016

  • SEAMS '16に論文が採択されました.
    June 11, 2016

    ソフトウェア工学(自己適応)系の国際会議SEAMS 2016に論文が採択されました.

     

    Assured and correct dynamic update of controllers
    L. Nahabedian FCEN, Universidad de Buenos Aires, Argentina
    V. Braberman FCEN, Universidad de Buenos Aires, Argentina
    N. D'Ippolito FCEN, Universidad de Buenos Aires, Argentina
    S. Honiden National Institute of Informatics, Japan
    J. Kramer Imperial College London, UK
    K. Tei National Institute of Informatics, Japan
    S. Uchitel Universidad de Buenos Aires, UK
    Proceedings of the 11th International Workshop on Software Engineering for Adaptive and Self-Managing Systems (SEAMS' 2016), June 2016

  • ICST 2016に論文が採択されました.
    June 1, 2016

    博士2年の徳本くんの研究が,ソフトウェア工学(テスト・検証)系の国際会議ICST 2016に採択されました.

     

    MuVM: Higher Order Mutation Analysis Virtual Machine for C
    Susumu Tokumoto, Hiroaki Yoshida, Kazunori Sakamoto, Shinichi Honiden
    IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation(ICST 2016), April 2016

  • ISSTA 2015に論文が採択されました.
    July 17, 2015

    修了生の矢藤くんの研究が,ソフトウェア工学(テスト・検証)系の国際会議ISSTA 2015に採択されました.

     

    Feedback-controlled Random Test Generation
    Kohsuke Yatoh, Kazunori Sakamoto, Fuyuki Ishikawa and Shinichi Honiden
    International Symposium on Software Testing and Analysis (ISSTA 2015), July 2015

  • ASE 2014に論文が採択されました.
    July 26, 2014

    博士3年の前澤くんの研究が,ソフトウェア工学分野でトップカンファレンスであるASE 2014に採択されました.前澤くんの論文は,昨年に続いて2年連続での採択です.

     

    Validating Ajax Applications Using a Delay-Based Mutation Technique
    Yuta Maezawa, Kazuki Nishiura, Hironori Washizaki, Shinichi Honiden
    The 29th IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering (ASE 2014) , September 2014 (to appear)

  • IEEE CLOUD 2014に論文が採択されました.
    March 31, 2014

    博士2年の穐山くんの研究が,クラウド系の国際会議IEEE CLOUD'14に採択されました.

     

    Fast Live Migration with Small IO Performance Penalty by Exploiting SAN in Parallel
    Soramichi Akiyama, Takahiro Hirofuchi, Ryousei Takano and Shinichi Honiden
    The 2014 IEEE 7th International Conference on Cloud Computing (IEEE CLOUD'14), June 2014 (to appear)

  • ICPC 2014に論文が採択されました.
    March 24, 2014

    修士1年の鈴木くんの研究が,ソフトウェア工学系の国際会議ICPC'14に採択されました.

     

    An Approach for Evaluating and Suggesting Method Names using N-gram Models
    Takayuki Suzuki, Kazunori Sakamoto, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
    22nd International Conference on Program Comprehension (ICPC 2014), June 2014 (to appear)

  • ABZ 2014に論文が採択されました.
    March 24, 2014

    博士1年の小林くんの研究が,形式手法系の国際会議ABZ'14に採択されました.

     

    Understanding and Planning Event-B Refinement through Primitive Rationales
    Tsutomu Kobayashi, Fuyuki Ishikawa, and Shinichi Honiden
    4th International ABZ 2014 Conference, June 2014 (to appear)

  • ICST 2014に論文が採択されました.
    February 17, 2014

    修士1年の矢藤くんの研究が,ソフトウェア工学(テスト・検証)系の国際会議ICST'14に採択されました.
     

    ArbitCheck: a highly automated property-based testing tool for Java
    Kohsuke Yatoh, Kazunori Sakamoto, Fuyuki Ishikawa and Shinichi Honiden
    IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation (ICST 2014) (Testing Tools Track), March 2014 (to appear)

  • AAMAS2014に論文が採択されました
    December 20, 2013

    修士2年の徐くんの研究が,エージェントに関する著名な国際会議AAMAS'14に採択されました.

     

    Sample Efficiency Improvement on Neuroevolution via Estimation-Based Elimination Strategy
    Shengbo Xu, Yuki Inoue, Tetsunari Inamura, Hirotaka Moriguchi, Shinichi Honiden
    The 13th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS2014), May 2014 (to appear)

  • IEEE Transactions on Services Computingに論文が採択されました.
    December 11, 2013

    サービスコンピューティングのトップジャーナルであるIEEE Transactions on Services Computingに論文が採択されました.

     

    Robust Service Compositions with Functional and Location Diversity
    Florian Wagner, Fuyuki Ishikawa and Shinichi Honiden
    IEEE Transactions on Services Computing, 2014 (to appear)

  • 電子情報通信学会論文誌に2件の論文が採択されました.
    November 20, 2013

    電子情報通信学会論文誌 Dに下記の論文が採択されました.

     

    Coq を使用したMapReduce アプリケーションの検証とScala コード
    姜 帆, 田辺 良則, 本位田 真一
    電子情報通信学会論文誌 D, 2013年

     

    無線センサネットワークにおけるデータ品質改善の為の開発プロセス
    清水 遼, 鄭 顕志, 深澤 良彰, 本位田 真一
    電子情報通信学会論文誌 学生論文特集 D, 2013年

  • CPSNA2013に論文が採択されました.
    August 23, 2013

    A Decentralized Scheme for Fault Detection and Classification in WSNs
    Tuan Anh Nguyen, Marco Aiello, and Kenji Tei
    The 1st International Conference on Cyber-Physical Systems, Networks, and Applications, WIP session, August 2013

  • コンピュータソフトウェアに2件の論文が採択されました.
    August 23, 2013

    日本ソフトウェア科学会の論文誌「コンピュータソフトウェア」に下記の論文が採択されました.

     

    エンドユーザーによる保守作業を可能にする Web アプリケーションフレームワーク
    新居 雅行, 鄭 顕志, 石川 冬樹
    コンピュータソフトウェア, 2013年

     

    自己適応ソフトウェアのための自己適応性設計に関する研究動向
    鄭 顕志, 清水 遼, 高橋 竜一, 石川 冬樹
    コンピュータソフトウェア, 2013年

  • ASE 2013に論文が採択されました.
    July 25, 2013

    博士2年の前澤くんの研究が,ソフトウェア工学分野でトップカンファレンスであるASE 2013に採択されました.

     

    Automated Verification of Pattern-based Interaction Invariants in Ajax Applications
    Yuta Maezawa, Hironori Washizaki, Yoshinori Tanabe and Shinichi Honiden
    The 28th IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering (ASE'13), November 2013 (to appear)

  • 2013年度夏期研究集会
    July 12, 2013

    2013年度夏期研究集会が那須にて開催されました.本研究集会では,数人でチームを組んで問題解決に取り組むチームビルディング演習を行いました.また,親睦を兼ねたレクレーションでは,卓球大会を開催しました.M1の鈴木くんが見事優勝しました.

  • OU-NII-Lero Workshop on Adaptive Security and Privacy in a Smart World
    July 11, 2013

    OU-NII-Lero Workshop on Adaptive Security and Privacy in a Smart WorldがCamberland Lodge(イギリス)で開催され,本位田研の教員及び学生が研究発表を行いました.

  • ICIMCSに論文が採択されました.
    June 16, 2013

    画像処理系の国際会議ICIMCSに論文が採択されました.

     

    Automatic Image Description by Using Word-level Features
    Shingo Horiuch, Hirotaka Moriguch, Shengbo Xu, Shinichi Honiden
    The 4th International Conference on Internet Multimedia Computing and Service (ICIMCS'12), August 2013 (to appear)

  • ICWS2013に論文が採択されました.
    April 30, 2013

    Webサービス系の国際会議ICWS'13に論文が採択されました.
     

    Intention-based Automated Composition Approach for Coordination Protocol
    Ryuichi Takahashi, Fuyuki Ishikawa, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa
    IEEE 11th International Conference on Web Services (ICWS2013) (Application & Experience Track), June 2013 (to appear)

  • CEC 2013に論文が採択されました.
    April 23, 2013

    修士2年の徐くんの研究が,進化計算系の国際会議CEC'13に採択されました.

     

    Sample Efficiency Analysis of Neuroevolution Algorithms on a Quadruped Robot
    Shengbo Xu, Hirotaka Moriguch and Shinichi Honiden
    2013 IEEE Congress on Evolutionary Computation (CEC' 13), June 2013 (to appear)

  • SEKE 2013に論文が採択されました.
    April 21, 2013

    修士2年の西浦くんの研究が,ソフトウェア工学系の国際会議SEKE'13に採択されました.

     

    Mutation Analysis for JavaScript Web Applications Testing
    Kazuki Nishiura, Yuta Maezawa, Hironori Washizaki and Shinichi Honiden
    The 25th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE'13), June 2013 (to appear)

  • RE 2013に論文が採択されました.
    April 11, 2013

    ソフトウェア工学分野でトップカンファレンスであるRE'13に論文が採択されました.
     

    A Goal Model Elaboration for Localizing Changes in Software Evolution
    Hiroyuki Nakagawa, Akihiko Ohsuga, Shinichi Honiden
    21st IEEE International Requirements Engineering Conference (RE'13), July 2013 (to appear)

  • IPSN 2013に論文が採択されました.
    March 8, 2013

    博士1年の清水くんの論文が,センサネットワーク系の国際会議IPSN'13に採択されました.

     

    Data Quality-Centric Model-Driven Development Process for Wireless Sensor Network Applications
    Ryo Shimizu
    The 12th ACM/IEEE Int. Conference on Information Processing in Sensor Network (IPSN 2013), Ph.D. Forum, April 2013 (to appear)

  • CCGrid 2013に論文が採択されました.
    March 4, 2013

    博士1年の穐山くんの論文が,グリッド・クラウド系の国際会議CCGrid'13に採択されました.
     

    Fast Wide Area Live Migration with a Low Overhead through Page Cache Teleportation
    Soramichi Akiyama, Takahiro Hirofuchi, Ryousei Takano and Shinichi Honiden
    The 13th IEEE/ACM International Symposium on Cluster, Cloud and Grid Computing (CCGrid'13), Doctral Symposium, May 2013 (to appear)

  • Sensors & Transducersに論文が掲載されました.
    January 21, 2013

    博士3年のValentina Baljakさんの論文が,Sensors & Transducersに掲載されました.
     

    Faults in Sensory Readings: Classification and Model Learning
    Valentina Baljak, Tei Kenji, Shinichi Honiden
    Sensors & Transducers, Vol.18, 177-187, January 2013 (to appear)

  • Procedia Computer Scienceに論文が掲載されました.
    January 9, 2013

    パリ第6大学との共同研究の成果がProcedia Computer Scienceに掲載されました.
     

    S-CLAIM: An Agent-based Programming Language for AmI, A Smart-Room Case Study
    Valentina Baljak, Marius Tudor Benea, Amal El Fallah Seghrouchni, Cédric Herpson, , Shinichi Honiden, Thi Thuy Nga Nguyen, Andrei Olaru, Ryo Shimizu, Kenji Tei, Susumu Toriumi
    Procedia Computer Science, Vol.10, 30-37, 2012

  • IEEE ISSNIP 2013に論文が採択されました.
    December 26, 2012

    博士3年のValentina Baljakさんの論文が,センサネットワーク系の国際会議ISSNIP'13に採択されました.

     

    Fault Classification and Model Learning from Sensory Readings - Framework for Fault Tolerance in Wireless Sensor Networks
    Valentina Baljak, Tei Kenji and Shinichi Honiden
    IEEE 8th International Conference on Intelligent Sensors, Sensor Networks and Information Processing (ISSNIP'13), April 2013 (to appear)

  • IEEE Transactions on Services Computingに論文が採択されました.
    December 19, 2012

    博士課程3年のAdrianくんの論文が,IEEE Transactions on Services Computingに採択されました.
     

    SanGA: A Self-adaptive Network-aware Approach to Service Composition
    Adrian Klein, Fuyuki Ishikawa and Shinichi Honiden
    IEEE Transactions on Services Computing, 2013 (to appear)

  • 博士課程3年の森口くんが2件の論文賞を受賞しました.
    December 19, 2012

    博士課程3年の森口くんが,2012年度進化計算研究会において,最優秀発表賞(論文賞)とIEEE CIS 日本支部 Young Researcher Awardの2件の論文賞を受賞しました.

     

    • 2012年度進化計算研究会 最優秀発表賞(論文賞)
    • 受賞者:森口博貴,本位田真一
    • 受賞年月:2012年12月
    • 受賞論文:CMA-TWEANN: 効率的なトポロジ進化型ニューラルネットの提案および性能評価
    • 表彰団体:進化計算学会
    •  
    • IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter Young Researcher Award
    • 受賞者:森口博貴
    • 受賞年月:2012年12月
    • 受賞論文:Robotic Forward Modeling via Neuroevolution
    • 表彰団体:IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter
  • 2012年度冬期研究集会
    December 11, 2012

    2012年度冬期研究集会を伊東にて行いました.

    本研究集会では,グループに分かれてのチームビルディング演習を行いました.

    2012冬合宿 プレゼンテーション冬合宿2012 ディスカッション中

  • 情報処理学会論文誌に論文が採択されました
    December 10, 2012

    情報処理学会論文誌に下記の論文が採択されました.

     

    照合操作の識別のためのOCL記述の解析方法
    井上 拓,本位田 真一
    情報処理学会論文誌, Vol.54(No.3), 2013年03月 (to appear)

  • 情報処理学会論文誌に2件の論文が採択されました.
    November 5, 2012

    情報処理学会論文誌に下記の論文が採択されました.

     

    インタラクションに着目したステートマシン抽出による Rich Internet Applications の欠陥発見の支援
    前澤 悠太,鷲崎 弘宜,本位田 真一
    情報処理学会論文誌 特集「ソフトウェア工学」, Vol.54(No.2), 2013年02月 (to appear)

     

    参照整合性の検証のためのUML Activity解析方法
    井上 拓,本位田 真一
    情報処理学会論文誌 特集「ソフトウェア工学」, Vol.54(No.2), 2013年02月 (to appear)

  • iJAWS優秀論文賞を受賞しました
    October 26, 2012

    本位田研究室博士3年のAdrianくんが,JAWS2012において,優秀論文賞を受賞しました.

    iJAWS best paper award to Adrian

    • iJAWS優秀論文賞
    • 受賞者:Adrian Klein
    • 受賞年月:2012年10月
    • 表彰団体:合同エージェントワークショップ&シンポジウム
  • 修士2年の小林くんの論文がDS-Event-B2012に採択されました.
    October 16, 2012

    修士2年の小林くんの論文が,形式手法系の国際ワークショップDS-Event-Bに採択されました.

     

    Towards Refinement Strategy Planning for Event-B
    Tsutomu Kobayashi and Shinichi Honiden
    Workshop on the experience of and advances in developing dependable systems in Event-B (DS-Event-B'12) in conjunction with ICFEM, November 2012 (to appear)

  • SENSORCOMM2012においてBest Paper Awardを受賞しました.
    October 12, 2012

    博士3年のValentina BaljakさんがSENCORCOMM2012においてBest Paper Awardを受賞しました.

     

    SENSORCOMM 2012, Best Paper Award
    受賞者:Valentina Baljak, Kenji Tei, Shinichi Honiden
    受賞年月:2012年08月
    受賞論文:Classification of Faults in Sensor Readings withStatistical Pattern Recognition
    表彰団体:International Academy, Research, and Industry Association

  • Hapyrus Inc.を起業した藤川さんの活躍が日経とCNET,Startup Datingに掲載されました.
    September 11, 2012

    本位田研修士1年に在籍している藤川幸一さんの活躍が以下の記事に掲載されました.藤川さんは米国シリコンバレーでHapyrus Inc.を起業し,「ビッグデータ時代に困難なデータ処理」という課題の解決に取り組んでいます.

     

  • 2012年度コンピュータサイエンス領域奨励賞を受賞しました.
    August 17, 2012

    博士1年の穐山くんが2012年度コンピュータサイエンス領域奨励賞を受賞しました.

     

    2012年度コンピュータサイエンス領域奨励賞
    受賞者:穐山空道,広渕崇宏,高野了成,本位田真一
    受賞年月:2012年8月
    受賞論文:「都鳥: メモリ再利用による連続するライブマイグレーションの最適化」
    表彰団体:情報処理学会

  • IEEE MASS2012に論文が採択されました.
    July 18, 2012

    センサネットワーク系の国際会議IEEE MASS下記の論文が採択されました.

     

    A Hybrid Fault Detection Approach for Context-aware Wireless Sensor Networks
    Ehsan Warriach, Kenji Tei, Tuan Anh Nguyen, Marco Aiello
    The 9th IEEE International Conference on Mobile Ad hoc and Sensor Systems (IEEE MASS2012), October 2012 (to appear)

  • SEAL2012に修士一年の徐くんの論文が採択されました.
    July 17, 2012

    修士一年の徐くんの論文が,進化計算・機械学習系の国際会議SEALに採択されました.

     

    Efficient Neuroevolution for a Quadruped Robot
    Xu Shengbo, Hirotaka Moriguchi,Shinichi Honiden
    The Ninth International Conference on Simulated Evolution And Learning (SEAL 2012), December 2012 (to appear)

  • 博士1年の穐山くんのLinuxConでの発表がクラウドWatchに掲載されました.
    June 15, 2012

    博士1年の穐山くんが Linuxの開発者が集まる世界的な技術カンファレンス LinuxCon Japan で研究発表を行いました.穐山くんの発表内容が クラウドWatch に掲載されました.
     

    Acceleration of Virtual Machine Live Migration on QEMU/KVM by Reusing VM Memory
    Soramichi Akiyama
    LinuxCon Japan 2012, Linux Community 101 Track, June 2012

  • SENSORCOMM2012に論文が採択されました.
    June 1, 2012

    センサネットワーク系の国際会議 SENSORCOMM 下記の論文が採択されました.

     

    Classification of Faults in Sensor Readings with Statistical Pattern Recognition
    Valentina Baljak, Kenji Tei, and Shinichi Honiden
    The Sixth International Conference on Sensor Technologies and Applications (SENSORCOMM 2012), August 2012 (to appear)

  • IEEE CLOUD2012に論文が採択されました.
    May 4, 2012

    クラウドコンピューティング系の国際会議IEEE CLOUD2012に下記の論文が採択されました.

     

    MiyakoDori: A Memory Reusing Mechanism for Dynamic VM Consolidation
    Soramichi Akiyama, Takahiro Hirofuchi, Ryousei Takano and Shinichi Honiden
    The 5th International Conference on Cloud Computing (IEEE CLOUD 2012) (Application & Experience Track), June 2012 (to appear)

  • ICWS2012に4件の論文が採択されました.
    May 3, 2012

    Webサービス系の国際会議ICWS4件の論文が採択されました.

     

    Multi-objective Service Composition with Time- and Input-Dependent QoS
    Florian Wagner, Adrian Klein, Benjamin Kloepper, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
    The 10th International Conference on Web Services (ICWS 2012) (Application & Experience Track), June 2012 (to appear)

     

    A Probabilistic Approach for Long-Term B2B Service Compositions
    Adrian Klein, Florian Wagner, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
    The 10th International Conference on Web Services (ICWS 2012) (Application & Experience Track), June 2012 (to appear)

     

    Web Service Selection Algorithm using Vickrey Auction
    Atsushi Watanabe, Fuyuki Ishikawa, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden
    The 10th International Conference on Web Services (ICWS 2012) (Application & Experience Track), June 2012 (to appear)

     

    Trust Computation in Web Service Compositions Using Bayesian Networks
    Mohammad Reza Motallebi, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
    The 10th International Conference on Web Services (ICWS 2012) (Work-in-Progress Track), June 2012 (to appear)

  • 本位田研ーパリ大学チームとの共同研究の成果がANT-2012に採録になりました.
    April 19, 2012

    本位田研の無線センサネットワークグループとパリ大学チームとの共同研究の成果がアンビエントシステム系の国際会議ANT-2012に採録になりました.

     

    S-CLAIM: An Agent-based Programming language for AmI, A Smart-Room Case Study
    Valantina Baljak, Marius Tudor Benea, Amal El Fallah Seghrouchni, Cédric Herpson, Shinichi Honiden, Thi Thuy Nga Nguyen, Andrei Olaru, RyoShimizu, Kenji Tei and Susumu Toriumi
    The 3rd International Conference on Ambient Systems, Networks and Technologies (ANT-2012), August 2012 (to appear)

  • 修士1年の西浦くんの卒業研究がICWE2012に採択されました.
    April 17, 2012

    今年度,修士1年に進学した西浦くんの卒業研究が,Webエンジニアリング系の国際会議ICWEに採択されました.

     

    Supporting View Transition Design of Smartphone Applications Using Web Templates
    Kazuki Nishiura, Yuta Maezawa, Fuyuki Ishikawa and Shinichi Honiden
    12th International Conference on Web Engineering (ICWE'12), July 2012 (to appear)

  • 博士1年の清水くんの論文が2年連続でSESENA2012に採択されました.
    March 21, 2012

    無線センサネットワーク系の国際ワークショップ SESENA に下記の論文が採択されました.
    博士1年の清水くんの論文は,昨年に続いて2年連続での論文採録です.

     

    Case Studies on the Development of Wireless Sensor Network Applications using Multiple Abstraction Levels
    Ryo Shimizu, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden
    3rd International Workshop on Software Engineering for Sensor Network Applications (SESENA '12) in conjunction with ICSE, June 2012 (to appear)


  • GECCO2012に論文が採択されました.
    March 14, 2012

    遺伝的アルゴリズム系の国際会議 GECCO下記の論文が採択されました.

     

    CMA-TWEANN: Efficient Neuroevolution via Synthetic Evolution
    Hirotaka Moriguchi and Shinichi Honiden
    Genetic and Evolutionary Computation Conference (GECCO 2012), July 2012 (to appear)

  • IPSN2012にポスターが採択されました.
    February 21, 2012

    センサネットワーク系の国際会議IPSN2012に下記のポスターが採択されました.

     

    Fault Detection in Wireless Sensor Networks: a Hybrid Approach
    Ehsan Warriach, Kenji Tei, Tuan Anh Nguyen, Marco Aiello
    Poster session of the 11th ACM/IEEE Conference on Information Processing in Sensor Networks (IPSN'12), April 2012 (to appear)

  • WWW2012に2件の論文が採択されました.
    January 28, 2012

    コンピュータサイエンス分野で Web 関連のトップカンファレンスである WWW に,本位田研究室から2件の論文が採択されました.

     

    Towards Robust Service Compositions in the Context of Functionally Diverse Services
    Florian Wagner, Benjamin Kloepper, Fuyuki Ishikawa and Shinichi Honiden
    21st International World Wide Web Conference (WWW '12), April 2012 (to appear)

     

    Towards Network-aware Service Composition in the Cloud
    Adrian Klein, Fuyuki Ishikawa and Shinichi Honiden
    21st International World Wide Web Conference (WWW '12), April 2012 (to appear)

  • CSMR2012に論文が採択されました.
    January 15, 2012

    ソフトウェア保守系の国際会議 CSMR に下記の論文が採択されました.

     

    Extracting Interaction-Based Stateful Behavior in Rich Internet Applications
    Yuta Maezawa, Hironori Washizaki and Shinichi Honiden
    The 16th European Conference on Software Maintenance and Reengineering (CSMR'12) (Early Research Achievements Track), March 2012 (to appear)

  • 第五回進化計算シンポジウムにおいて最優秀発表賞を受賞しました.
    December 19, 2011

    本位田研究室博士2年の森口博貴くんが第五回進化計算シンポジウムにおいて最優秀発表賞を受賞しました.

    • 第五回進化計算シンポジウム 最優秀発表賞
    • 受賞者:森口博貴, 本位田真一
    • 受賞年月:2011年12月
    • 受賞論文:進化計算を用いたロボットの順動力学モデル学習と行動計画・制御への応用
    • 表彰団体:進化計算学会
  • 情報処理学会論文誌に論文が採択されました
    December 13, 2011

    情報処理学会論文誌に下記の論文が採択されました.

     

    メタデータ制約を用いた協調プロトコルの自動合成手法
    高橋 竜一,石川 冬樹,本位田 真一,深澤 良彰
    情報処理学会論文誌 特集「分散処理とネットワークサービス」, Vol.53(No.2), 2012年02月 (to appear)

  • 人工知能学会論文誌に論文が採択されました
    December 12, 2011

    人工知能学会論文誌に下記の論文が採択されました.

     

    Folksonomy上のタグと関連する場所の抽出
    馬場 雪乃, 石川 冬樹, 本位田 真一
    人工知能学会論文誌, Vol.27(No.1), 2012年01月 (to appear)

  • 2011年度冬期研究集会
    December 12, 2011

    2011年度冬期研究集会が那須にて開催されました.
    本研究集会では,2011 JAIST Cup でも題材とされた 落ち物パズルゲーム「崩珠(Poje)」 を題材としたプログラミングコンテストを行いました.

  • ComSys2011 で学生ポスター・デモンストレーション賞を受賞しました.
    December 2, 2011

    本位田研究室修士2年の穐山空道くんが ComSys2011 で学生ポスター・デモンストレーション賞を受賞しました.
    ComSys2011 ポスター・デモセッションは こちらのページ です.

     

    ComSys2011 学生ポスター・デモンストレーション賞
    受賞者:穐山空道, 広渕崇宏, 高野了成, 本位田真一
    受賞年月:2011年11月
    受賞論文:メモリ再利用によりライブマイグレーションを高速化するシステム「都鳥」の実演
    表彰団体:コンピュータシステムシンポジウム


  • ComSys2011 優秀論文賞を受賞しました.
    November 22, 2011

    本位田研究室修士2年の穐山空道くんが ComSys2011 で優秀論文賞を受賞しました.

    • ComSys2011 優秀論文賞
    • 受賞者:穐山空道, 広渕崇宏, 高野了成, 本位田真一
    • 受賞年月:2011年11月
    • 受賞論文:都鳥: メモリ再利用による連続するライブマイグレーションの最適化
    • 表彰団体:コンピュータシステムシンポジウム
  • CEA-NII Workshop
    October 18, 2011

    10月12日に,本位田研究室とCEA (French Alternative Energies and Atomic Energy Commission) が共同開催したCEA-NII Workshop がLETI(Grenoble, France)で開かれ,本位田研の教員および学生数名が研究発表を行いました.

  • Sixth joint NII-LIP6 WorkShop on Multi-Agent and Distributed Systems
    October 18, 2011

    2011年10月10日, 11日に,本位田研究室とLIP6の共同開催ワークショップであるSixth joint NII-LIP6 WorkShop on Multi-Agent and Distributed Systems がLIP6(Paris, France)で開催され,本位田研の学生数名が研究発表を行いました.

  • 本位田研究室10周年記念式典
    October 17, 2011

    本位田研究室の発足10周年を祝して,記念式典が開催されました.現役メンバーの他にも,卒業生や本位田先生の企業時代の同僚の方々など,総勢約80名が集まる盛大な会となりました.

  • 2011年度夏期研究集会
    September 7, 2011

    2011年度夏期研究集会が修善寺にて開催されました.
    Google AI Challenge 2010: Planet Wars を題材にプログラミングコンテストを行いました.

  • EUC2011に論文が採択されました.
    August 2, 2011

     

    ユビキタスコンピューティング系の国際会議EUC2011に下記の論文が採択されました.

     

    Assignment of Sensors for Multiple Tasks Using Path Information
    Susumu Toriumi, Shinichi Honiden
    9th IEEE/IFIP International Conference on Embedded and Ubiquitous Computing (EUC-2011), October 2011 (to appear)

  • 情報処理学会論文誌に論文が採択されました.
    July 14, 2011

    情報処理学会論文誌に下記の論文が採択されました.

     

    同種サービスの併用を考慮した効率的なサービス選択
    平塚 信明,石川 冬樹,本位田 真一
    情報処理学会論文誌, Vol.52(No.10), 2011年10月 (to appear)

  • ICAIS2011に論文が採択されました.
    July 11, 2011

    自己適応システム系の国際会議ICAIS2011に下記の論文が採択されました.

     

    Utility‐based Self‐Adaption with Environment Specific Quality Models
    Camilo Fitzgerald, Benjamin Klöpper, Shinichi Honiden
    2011 International Conference on Adaptive and Intelligent Systems (ICAIS'11 ), September 2011 (to appear)

  • SASO2011に論文が採択されました.
    June 22, 2011

     

    自己適応システム系の国際会議SASO2011に下記の論文が採択されました.

     

    Autonomic Role and Mission Allocation Framework for Wireless Sensor Networks
    Themistoklis Bourdenas, Kenji Tei, Shinichi Honiden and Morris Sloman
    Fifth IEEE International Conference on Self-Adaptive and Self-Organizing Systems (SASO'11), October 2011 (to appear)

  • 電子情報通信学会論文誌に論文が採択されました.
    June 20, 2011

     

    電子通信学会論文誌に下記の論文が採択されました.

     

    無線センサネットワークにおける対象追跡の分解能を調整可能なセンサモデル
    鄭 顕志,中里 彦俊,深澤 良彰,本位田 真一
    電子情報通信学会論文誌, Vol.J94-B(No.10), 2011年10月 (to appear)

  • ECAL2011に論文が採択されました.
    June 14, 2011

    人工知能系の国際会議ECAL2011に以下の論文が採択されました.

     

    Learning Symbolic Forward Models for Robotic Motion Planning and Control
    Hirotaka Moriguchi, Hod Lipson
    European Conference of Artificial Life (ECAL 2011), August 2011 (to appear)

  • Lero-NII-OU Workshop on "Evolving Critical Systems"
    June 14, 2011

    Lero-NII-OU Workshop on "Evolving Critical Systems"がUniversity of Limerick(アイルランド)で開催され,本位田研の教員及び学生が研究発表を行いました.

  • 情報処理学会論文誌に論文が採択されました.
    May 16, 2011

    情報処理学会論文誌に下記の論文が採択されました.

     

    Chordネットワークに配置された配列に対する並列範囲アクセス
    福地 大輔,本位田 真一
    情報処理学会論文誌, Vol.52(No.8), 2011年08月 (to appear)

  • 過去の在籍メンバー一覧を追加しました
    May 14, 2011

    過去の在籍メンバー」ページを追加しました.

  • 研究成果ページを更新しました
    May 12, 2011

    受賞」「学位論文」の各ページを公開開始しました.

  • ICWS2011に3件,SCC2011に1件の論文が採択されました.
    May 9, 2011

    サービスコンピューティング関連の国際会議ICWS2011SCC2011に,本位田研究室からそれぞれ3件,1件の論文が採択されました.

     

    Bridging the Gap between Semantic Web Service Composition and Common Implementation Architectures
    Fuyuki Ishikawa, Satoshi Katafuchi, Florian Wagner, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden
    The 8th International Conference on Services Computing (SCC 2011), July 2011 (to appear)

     

    Efficient Heuristic Approach with Improved Time Complexity for QoS-aware Service Composition
    Adrian Klein, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
    The 9th International Conference on Web Services (ICWS 2011) (Application and Experience Track), July 2011 (to appear)

     

    QoS-aware Automatic Service Composition by Applying Functional Clustering
    Florian Wagner, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
    The 9th International Conference on Web Services (ICWS 2011), July 2011 (to appear)

     

    Service Selection with Combinational Use of Functionally-Equivalent Services
    Nobuaki Hiratsuka, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden
    The 9th International Conference on Web Services (ICWS 2011), July 2011 (to appear)

  • インターン生のAlexandre PICHOTさんが研究室に加わりました
    May 9, 2011

    新しいインターン生のAlexandre PICHOTさん(LIP6)が研究室に加わりました.約5ヶ月間滞在し,博士課程3年のJohan Nystrom-Perssonと共同研究を行う予定です.

  • 研究成果ページを公開致しました.
    May 4, 2011

    論文誌」「国際会議」「講演・口頭発表等」「書籍」の各ページを公開開始しました.

  • 英語版ページを公開しました.
    May 1, 2011

    英語版の研究室webページを公開開始致しました.

  • 2010年度修了生 平塚信明さんのインタビュー記事を追加しました
    April 28, 2011

    学生インタビューに,2010年度修士課程修了生 平塚信明さんのインタビュー記事を追加致しました.他大学から本位田研究室に進学した経験が紹介されています.